CDのイラストDAISY図書とは・・・

DAISY図書は、デジタル録音された音声による本。とても優れた検索性を持っています。
製作者は、まるでワープロソフトで文書を作成するときのように、パソコンを使って音声データを録音し、編集作業を通して検索性を加えます。利用者は、見出しやページで呼び出したり読み飛ばしたり、まるで活字本のページを繰るように、音声で…つまり耳で「読む」ことができます。

DAISYとは

DAISYは、Digital  Accessible  Information  Systemの略。

「アクセシブルな情報システム」と訳されています。

DAISYは、デジタル録音図書の国際標準規格です。

DAISYは、活字を読むことに障害がある人にアクセシブルで豊かな読書環境を提供します。
 
 ●DAISYコンソーシアム(本部スイス)が開発と維持・管理をおこなっています。

  DAISY仕様でつくられた図書は、いろいろな国と相互利用が可能です。現在では、音声に画像と文字を同期出来るマルチメディアのDAISY図書も作られ、視覚障害者のみならず、他の障害者にも利用が広がっています

アナログ録音とDAISYの違い
 視覚障害者にとって、録音図書は点字図書と並んで大切な読書の手段です。従来、録音図書の多くはカセットテープで作られてきましたがDAISYの普及によってCDによるDAISY図書も一般的になってきました。

 DAISYには、カセットテープの録音図書にはなかった、次のような利点があります

テープ図書の欠点

DAISY図書の特徴

●テープ品質・音質の劣化

●検索性が無い

●1冊の本の収録するには、
 何巻ものテープが必要 

●保管場所をとる

●国際標準規格が無い

●音質の劣化が無い

●優れた検索性

●圧縮技術により1枚のCDに
 長時間の収録が可能

●保管場所の節約

●DAISY仕様は国際標準

●音声・画像・文字情報を同期可能

(マルチメディア版DAISY図書)

●オンライン配信が可能





HOME